ニュース

2019.9.1

「昨シーズンの長所を見せなければ!」

「昨シーズンの長所を見せなければ!」

首都ベルリンでの波乱の敗北を受け、マルコ・ロイスは率直に語った。「僕らがやるべきことは、昨シーズン、僕らを際立たせていた長所を見せること。つまり勝利への意志と情熱だ。それがあって初めて戦うことができる」

 

マルコ・ロイス:試合を通じて愚かなプレーばかりだった。途中、いい場面も何度かあったけど、ファイナルサードでのプレーが少しお粗末だったね。1-1に追いついてからは試合を支配してうまくやれていた。でも最終的には、それでは不十分だったわけだ。僕らはときどき、自分たちのクオリティーをもってすればこういう試合に勝てると思ってしまうけど、そんな考えはやめなければ! 僕らがやるべきことは、昨シーズン、僕らを際立たせていた長所を見せること。つまり勝利への意志と情熱だ。それがあって初めて戦うことができる。チームの全員がこの先の2週間でコンディションを上げなければならない。

 

ユリアン・ブラント:今日はあまりにも簡単に失点してしまった。全力で僕らにぶつかってきたウニオンに対して、本当に簡単にゴールを許してしまったよ。ショックだね。チーム一丸となって、もっとうまく守らなければならない。多くの場面で良くないプレーが出てしまったことについては、自分たちを責めるしかない。誰にとってもいい試合ではなかったと思う。今日は間違いなく、ウニオンの選手のほうが勝利への意志を見せていた。

 

採録:ティモ・ラマート

 

【関連記事】
1-3:暑さのなかウニオンに敗北
再び昇格組相手に初黒星

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「多くの収穫が得られた後半」

2019.9.18

「多くの収穫が得られた後半」

FCバルセロナと 続きを読む>>

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

2019.9.18

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

バルセロナ戦の試合後、Skyのインタビューに応じたマルコ・ロイスは、自らのPK失敗を悔やみ、その他多くの好機を逃してしまったことにも不満を示した。マッツ・フンメルスも同意見だ 続きを読む>>

フンメルスがタックルで全勝

2019.9.18

フンメルスがタックルで全勝

ボルシア・ドルトムントはFCバルセロナのゴールに14本のシュートを浴びせたが、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの前に沈黙。マッツ・フンメルスはUEFAチャンピオンズリ 続きを読む>>