ニュース

2018.3.12

「必死に反撃した!」

「必死に反撃した!」

アイントラハト・フランクフルト戦で途中出場から2点を挙げ、スコアを2-1、3-2としたミシー・バチュアイは、ベンチスタートとなったことに不満を示さなかった。「ここ数試合で疲れがたまっていたから、逆にフレッシュな状態でピッチに立てたよ」とバチュアイはコメント。試合後の両陣営のリアクションを紹介する。

 

ペーター・シュテーガー監督:94分に決勝点を挙げるには、運の要素も必要だ。この数週間、もしかしたら数カ月で初めて、我々は前半から力強いパフォーマンスを見せ、いいサッカーができるのだということを示した。後半からはフランクフルトが勢いを増し、フィジカルの強さを生かそうとしてきた。あれをすべてはねのけるのは難しい。後半、我々は必死に反撃した。観ていた人もそれはわかったはずだ。私も選手たちが持てる力をすべて出そうとしていることを感じていたよ。そういう流れで運が味方してくれれば、最後に報われることもある。ただまだ、すべてが安定しているわけではない。主力の何人かは長い負傷離脱から戻ってきたばかりで、90分とおしてはあのハイテンポについていけていない。だが我々は、この数週間、必ずしもできていたとは言えない戦い方をしてみせた。その点は小さいながらも進歩だね。

 

ミシー・バチュアイ:ものすごくホッとしたよ。ここ数試合、得点できていなかったけど、ようやくチャンピオンズリーグ出場権争いでチームの手助けをすることができた。同じ勝ち点で並んでいたチームから奪った、とても貴重な勝利だ。スコアを3-2としたゴールの場面、最初は自分がオフサイドの位置にいると思ったんだ。だから一瞬、しまったと思ったけど、とにかくシュートを撃ったら入った。先発じゃなかったことに不満はないよ。それは監督が決めること。ここ数試合で疲れがたまっていたから、逆にフレッシュな状態でピッチに立てたよ。

 

ニコ・コバチ監督(フランクフルト):当然ながら悔しさが残る。私のチームは後半、本当にいいパフォーマンスを見せていたからね。前半はドルトムントが、後半はうちが支配した。我々がゴールを決めるたび、彼らはすぐに反撃してまたゴールを奪い返してきた。

 

ケビン=プリンス・ボアテング(フランクフルト):僕らは試合終了まで勝利を目指して戦ったけど、残念ながらボールは僕らのネットに入ってしまった。でも相手がボルシア・ドルトムントだったことを忘れてはいけない。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
3-2:バチュアイの劇的ゴールで乱戦制す

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>