ニュース

2017.6.10

「年間最優秀ピッチ」賞はBVBとシュツットガルト

「年間最優秀ピッチ」賞はBVBとシュツットガルト

専門家が選ぶ2016-17シーズンの「年間最優秀ピッチ」が発表された。ブンデスリーガ1部ではボルシア・ドルトムントのジグナル・イドゥナ・パルクが受賞。2部ではVfBシュツットガルトのメルセデス=ベンツ・アレーナが選ばれた。

 

 

この賞は創設4年目。2位には昨シーズン受賞したVfLボルフスブルク、3位には昨シーズン2部で最優秀に輝いたRBライプツィヒが入った。2部の2位は1FCハイデンハイム、3位はVfLボーフム1848。

 

授賞式は、9月5/6日にミュンヘンのアリアンツ・アレーナで開かれる第10回グラウンドキーパーズ情報会議に際して行われる。

 

評価は、ドイツ・ピッチ協会(DRG e.V.)が選んだ3人の委員が競技、委員会評価、およびスタジアムのグラウンドキーパーの自己評価の3段階に分けて行われた。競技面の評価では、ブンデスリーガ1部と2部の各試合で両クラブのキャプテンおよび審判団がピッチ状態について1(悪い)から5(非常に良い)までの5段階査定を行った。試合の平均点を合計して、各ピッチの評価ポイントを算出する。

 

BVBのピッチの手入れを行うチームの責任者は、チーフグラウンドキーパーのビリ・ドロステ(下の写真でロマン・バイデンフェラーと話している人物)。

 

 

【関連記事】
エイチ・アイ・エスがBVBのアジアツアーパートナー2017に!
「ユニフォーム付きチケット」本日より抽選受付開始
レジェンド来日インタビュー

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23チームは追いついて2-2のドロー

2017.10.22

U-23チームは追いついて2-2のドロー

ファーストチームが2点をリードしながらも2-2に追いつかれた一方、ボルシア・ドルトムントのU-23チームはレギオナルリーガ西部の試合でブッパーターラーSVに対して2点ビハイン 続きを読む>>

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

2017.10.22

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

コメルツバンク=アレーナでの白熱の後半、シュート数は両チーム合わせて25本(ボルシア・ドルトムントが13本、アイントラハト・フランクフルトが12本)に達し、前半または後半のシ 続きを読む>>

スボティッチ:「結果には満足していない…」

2017.10.22

スボティッチ:「結果には満足していない…」

アイントラハト・フランクフルトと 続きを読む>>