ニュース

2016.11.23

「客観的に分析できない」

「客観的に分析できない」

ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、レギア・ワルシャワに8-4と大勝した試合で二つの事実に着目していた。その一つは、チームが8ゴールを奪ったこと。もう一方は、4失点を喫したという事実だ。「とにかく誰よりもロマン(・バイデンフェラー)に同情を禁じ得ない。4ゴールを奪われた気分は簡単に想像できる」とトゥヘル監督は語った。

 

試合を振り返って:
このような展開になったことを非常に驚いている。試合を通じて主導権を握っていたのは我々で、間違いなく勝てると考えていた。だがその一方で、4ゴールを奪われるとは思いもしなかったね。後半を無失点で終えたかったが、レギアはレアル・マドリーからも3点を奪ったチームだ。つまり、チャンピオンズリーグではどんな相手でも侮れないことを意味する。客観的に分析しにくい、一見では評価できない試合だね。

 


マルコ・ロイスの復帰:
結果を出してくれて本当に嬉しい。彼が3ゴール(そのうち1つはオウンゴールに訂正)を挙げたという事実には特別な意味がある。今シーズンは不動のレギュラーとして大きな期待を寄せていたが、あまりにも長い時間がかかってしまったからね。このところ厳しいトレーニングに励んでいたとはいえ、復帰初戦でいきなり3ゴールとは予想できなかった。しかもチャンピオンズリーグで、それまで一度も公式戦に出場していなかったからね。本当に素晴らしく、あまりにも見事な復活だった。あの素晴らしいパフォーマンスは、我々が数カ月にわたってそれだけクオリティーの高い選手を欠いていたことの証だ。彼の戦列復帰を心から喜んでいる。

 

守備について:
いくつか見受けられた大きなミスについては話し合う必要がある。1対1の局面だけでなく、チームとしてカウンターにどう対処すべきかの両面でね。

 

 

GKロマン・バイデンフェラーについて:
とにかく誰よりもロマンに同情を禁じ得ない。4ゴールを奪われた気分は簡単に想像できる。しかし彼ほど豊富な経験を積んでいれば、私からのアドバイスや激励は必要ないだろう。どんなシュートでも止めてしまうGKなどいない。ロマンは土曜日にも素晴らしいパフォーマンスを披露できるよう、しっかりと準備してくれるはずだ。気持ちを切り替えて次の試合に臨んでもらいたい。

 

【関連記事】
8-4:大量得点でレギアを退け、首位堅持

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「焦りが出てしまった」

2017.10.18

「焦りが出てしまった」

アポエルFCと引き分けた試合の終了後、Skyのインタビューに応じたペーター・ボス監督とマルセル・シュメルツァーの表情は明らかに沈んでいた。両者とも得点チャンスが少なかったこと 続きを読む>>

「決定的なチャンスをつくれなかった」

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった 続きを読む>>

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

2017.10.18

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

ボルシア・ドルトムントはアポエルFCと1-1(前半0-0)で引き分け、今季UEFAチャンピオンズリーグ初勝利はまたしてもお預けとなった。敵地キプロスのニコシアで臨んだ第3節で 続きを読む>>