ニュース

2020.2.9

「守備面の改善が課題」

「守備面の改善が課題」

BVBがバイヤー04レバークーゼンに3-4で競り負けたアウェーゲームの後、スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク、ルシアン・ファブレ監督、新戦力のエムレ・ジャンがスカイのインタビューに応じた。

 

ミヒャエル・ツォルク:「手痛い敗戦であり、非常に残念だ。80分までは、とてもいい出来だったからね。その内容にふさわしく3-2でリードしていたが、そこから肝心なところで消極的になってしまった。バイヤーの攻撃力は明らかに高かった。それにしても、4点は与えすぎだ。ここのところ課題にしてきたことだが、失点が多すぎる。今の順位に甘んじているのも、そのせいだ」

 

ルシアン・ファブレ監督:「もう少し我慢強くプレーし、ゲームを支配するようにしなければならない。アウェーで4失点すれば勝つのは難しい。練習では努力した。相手がプレスをかけてテンポを上げてきたなら、とにかく力を出し切って戦うしかない。心して守る必要がある。まずは試合をビデオで見直し、どんなミスが出たのか確認したい」

 

エムレ・ジャン:「このチームには力があるけど、学ぶべきことが1つある。リードしたら、もっと“ダーティー”にいく必要があるということだ。簡単に言えばね。時にはファウルも必要だし、もっとしっかり守らないと。美しい攻撃的サッカーもいいけど、守備面の改善が課題だ。今日も3点を奪えたが、4点を失った。これでは勝てない。もちろん手痛い結果だけど、シーズンは長い。いろんな事が起こり得る。僕は、このチームを信じている。まだ入って1週間だけど、力はある。ベストを尽くしてチームに役立つつもりだ。長らくプレーしていなかったから、僕自身いい出来ではなかったけど、これから良くなっていくよ」

 

編集:ティモ・ラメルト

 

BVB TV:レバークーゼン戦後のインタビュー

 

【関連記事】
3-4:激戦の末、レバークーゼンに敗北

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

勝利数はBVB、得点数はブレーメンが優位

2020.2.20

勝利数はBVB、得点数はブレーメンが優位

22日のブンデスリーガで104回目の対戦を迎えるベルダー・ブレーメンとボルシア・ドルトムント。ブレーメンはBVBがドイツ1部リーグで最も多く戦っている相手になる。日本時間23 続きを読む>>

来季からユニフォームスポンサーが2社に

2020.2.20

来季からユニフォームスポンサーが2社に

ボルシア・ドルトムントのユニフォームスポンサーが2020-21シーズンから2社に増えることになった。2020年夏以降は化学工業グループ企業のエボニック、テレコミュニケーション 続きを読む>>

トップス社が2020年夏のツアーの商業パートナーに

2020.2.20

トップス社が2020年夏のツアーの商業パートナーに

ボルシア・ドルトムントがトップス社と新たな提携。同社はBVBの2020年サマーツアーの商業パートナーとして、ブラック&イエローおよびブンデスリーガのファンに様々なコレクターズ 続きを読む>>