ニュース

2016.10.15

「失点を機に流れが良くなった」

「失点を機に流れが良くなった」

ヘルタBSCと1-1で引き分けた試合後のインタビューで、ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は「このチームを率いることを心から楽しんでいる」と語った。

 

若いメンバーが並んだチームのパフォーマンス:
高い位置からのプレッシャーがかからず、チャンスもつくれない時間帯が続いた。しかし選手たちを非難しているわけではない。このメンバーで戦ったのは初めてで、多くのポジションに若く経験が浅い選手を起用した。その上、相手は非常に組織的かつ守備が堅く、普段からあまり多くのチャンスを与えないチームだった。

 

失点後のリアクション:
あの失点を機に流れが良くなったと感じている。後半の立ち上がりよりも自由にプレーできるようになり、プレースピードが上がっただけでなく、それまで以上にスペースを活用できるようになった。相手のギャップにうまくボールを通していたからこそ、少し遅かったとはいえ、同点ゴールが生まれるのも時間の問題だった。

 

 

結果:
我々が勝利に値していた。それが今の気持ちだ。非常に激しく、気迫に満ちたプレーで全力を出し尽くしたと思う。このチームを率いることを心から楽しんでいるよ。

 

ミケル・メリーノのデビュー:
彼には少し時間が必要だった。このスピードと強度に慣れるための大きなステップになったと思う。だが彼にとっては、自分に何ができるのかを示す最高のチャンスになったはずだ。序盤には迷いもあったが、徐々に落ち着いて危険なスペースをカバーしていたね。チーム全体でプレスの強度を上げていくためにも重要なプレーだった。

 

【関連記事】
ローデ:「もっといい戦いができたはず」
史上3番目に若いチームで記録更新

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ボルシアMG戦の予想スタメン

2017.9.23

ボルシアMG戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは土曜夜のブンデスリーガ第6節でホームにVfLボルシア・メンヘングラットバッハを迎える(日本時間24日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバー 続きを読む>>

3日に1試合のペース続く

2017.9.22

3日に1試合のペース続く

ボルシア・ドルトムントは23日にブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハをホームに迎えるが、ペーター・ボス監督はまだチーム状況についてコメントしていない。「昨日 続きを読む>>

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>