ニュース

2017.12.13

「多くの会話と意見交換」

「多くの会話と意見交換」

ボルシア・ドルトムントのペーター・シュテーガー監督は1FSVマインツ05戦後のインタビューで「後半からはより組織的にプレーし、スペースもうまく使えるようになり、試合に入り混むことができた」と話し、この勝利をペーター・ボス前監督に捧げると語った。

 

勝利について:
ブンデスリーガで久しく勝利に見放されていたBVBと私自身の双方が心から喜べる、重要な勝利だったね。今日の試合ではポジティブな要素がいくつも見られたが、それらをここに残してくれたのはペーター・ボス前監督だ。この試合、この勝利は彼のおかげでもある。

 

試合の展開について:
立ち上がりを中心に、ぎこちなさが残っていたことは否めない。いくつかの局面では問題も露呈していた。後半からはより組織的にプレーし、スペースもうまく使えるようになり、試合に入り混むことができた。もう少し早く追加点を奪いたかったね。

 

限られた準備期間でチームに与えられた影響について:
戦術面の確認に特化したトレーニングを1度行っていた。練習時間が限られているのなら、内容を1つか2つに絞ることが大切だ。会話と意見交換にも多くの時間を費やした。それがこの短期間で最優先すべき課題だったね。

 

 

低い位置からゲームを組み立てるユリアン・バイグルの役割について:
それぞれの選手を最も気分良くプレーできるポジションに配置するスタイルでシステムを構築することを考えた。選手たちの能力に合わせて戦術を考えるのが監督の役目だからね。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
バイグルのパスミスは1本のみ
「この勝利を心から喜んでいる」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>