ニュース

2017.12.13

「多くの会話と意見交換」

「多くの会話と意見交換」

ボルシア・ドルトムントのペーター・シュテーガー監督は1FSVマインツ05戦後のインタビューで「後半からはより組織的にプレーし、スペースもうまく使えるようになり、試合に入り混むことができた」と話し、この勝利をペーター・ボス前監督に捧げると語った。

 

勝利について:
ブンデスリーガで久しく勝利に見放されていたBVBと私自身の双方が心から喜べる、重要な勝利だったね。今日の試合ではポジティブな要素がいくつも見られたが、それらをここに残してくれたのはペーター・ボス前監督だ。この試合、この勝利は彼のおかげでもある。

 

試合の展開について:
立ち上がりを中心に、ぎこちなさが残っていたことは否めない。いくつかの局面では問題も露呈していた。後半からはより組織的にプレーし、スペースもうまく使えるようになり、試合に入り混むことができた。もう少し早く追加点を奪いたかったね。

 

限られた準備期間でチームに与えられた影響について:
戦術面の確認に特化したトレーニングを1度行っていた。練習時間が限られているのなら、内容を1つか2つに絞ることが大切だ。会話と意見交換にも多くの時間を費やした。それがこの短期間で最優先すべき課題だったね。

 

 

低い位置からゲームを組み立てるユリアン・バイグルの役割について:
それぞれの選手を最も気分良くプレーできるポジションに配置するスタイルでシステムを構築することを考えた。選手たちの能力に合わせて戦術を考えるのが監督の役目だからね。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
バイグルのパスミスは1本のみ
「この勝利を心から喜んでいる」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>