ニュース

2017.4.21

「僕ら若い選手たちはこの経験から学ぶ」

「僕ら若い選手たちはこの経験から学ぶ」

今シーズン、初めてチャンピオンズリーグに挑戦したユリアン・バイグル。ASモナコに敗れて大会からの敗退が決まったことを受け、21歳のMFがその思いや次回に向けた意気込みなどを語ってくれた。

 

あなたにとって初めてのチャンピオンズリーグが終わりましたが、どんな教訓を得ましたか?
多くの経験とプレー時間を得た。もっと容赦のないチームがあることも学んだ。僕らの若いチームはミスが多かった。モナコでの試合を見てもわかったと思うけど、攻撃の組み立てはとても良かったのにラストパスの精度が今一つで、選手間の意思疎通もうまくできていなかった。決定的なチャンスをあまりつくれなかったのはそれが原因だよ。でも僕ら若い選手がこの経験から学び、いつか成功を収められることを願っている。

 

スコアを1-2としたとき、チームはどのくらい息を吹き返したのでしょうか?
ハーフタイムに皆、全力を尽くすことを自分に誓った。3点を奪うことは可能だと信じていたよ。第1戦を終えたあと、次はもっと自由にプレーできるし、しなければならないと思っていたんだ。僕らは追う立場だったからね。(後半の)早い時間帯にゴールを奪えたのは完璧なシナリオだった。あれで息を吹き返したよ。でもその後、勢いを増していくことができなかった。攻め込んでいく際も、あのゴールを奪ったときのように果敢に行く気持ちが足りなかった。あれが分かれ目だったね。モナコはものすごくうまく守って、常にカウンターの脅威を感じさせていた。3点目のゴールで勝負が決まってしまったよ。

 

来シーズンもチャンピオンズリーグに出場したいという情熱や決意はどのくらいありますか?
全員がチャンピオンズリーグの戦いを満喫した。だからもちろん、ブンデスリーガで来シーズンの出場権が得られる順位に入りたいと思っているよ。トップレベルの選手、トップレベルのチームを相手に自分たちの力を試せるんだからね。チャンピオンズリーグのアンセムを何度も聞き、最高峰の舞台から学べるのは最高の気分だったよ。だからまた大会に出たいという思いは強い。僕らにポテンシャルがあることはわかっている。どの選手も、この先必要になる経験を十分に得たと思う。僕らは今シーズンのチャンピオンズリーグで最も若いチームの1つだった。

 

文:ゲオルク・ハイマン

 

 

【関連記事】
ロイス:84分間に1点のペースで得点に関与
1-3:ロイスが決めるもモナコのカウンターに沈む

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

バツケCEO:「次のタイトルがまた5年後とはならないように」

2017.5.29

バツケCEO:「次のタイトルがまた5年後とはならないように」

「1年前、我々はここで失意を味わった」。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOのスピーチは過去を振り返るところから始まった。2016年のポカール決勝では敗れたボルシア・ドルトムントだ 続きを読む>>

ドルトムント市内でポカール優勝パレード

2017.5.28

ドルトムント市内でポカール優勝パレード

ボルシア・ドルトムントの 続きを読む>>

1997年5月28日:BVBがチャンピオンズリーグ優勝

2017.5.28

1997年5月28日:BVBがチャンピオンズリーグ優勝

今日からちょうど20年前に当たる1997年5月28日、ボルシア・ドルトムントはUEFAチャンピオンズリーグ決勝で王者ユベントスを3-1で破る波乱を起こし、クラブ史上最大の成功 続きを読む>>