ニュース

2017.4.23

「僕らは立ち直ったことを示した」

「僕らは立ち直ったことを示した」

今シーズンのアウェー戦で5勝目を挙げたボルシア・ドルトムントの選手たちは皆、満足感にあふれていた。スイス代表GKロマン・ビュルキは、Skyのインタビューに対し、「僕らは立ち直ったことを示した」と話した。

 

ロマン・ビュルキ:また勝てるようになって気持ちがいい。難しい試合だったけど、僕らは立ち直ったことを示し、最後まで戦うことをやめなかった。逆転されても下を向くことはなかった。3位に順位を上げられて嬉しい。

 

トーマス・トゥヘル監督:3位に復活できたことにとても満足している。チームの戦いぶりにも満足だ。我々は勝者に相応しい素晴らしい戦いをアウェーで披露した。試合の半ばには自ら災いを招いてしまい、2本ともオウンゴールと言っていいようなゴールを与えてしまった。しかしその後、持ち直して試合を支配できたことは素晴らしい。今日のチームは称賛に値するよ。

 

トビアス・シュトローブル監督(グラットバッハ):前半の流れから考えると1-1でハーフタイムを迎えられてよかったと言うべきだろう。0-3か0-4とリードされていてもおかしくなかったからね。スコアが2-1になったあと、あまり賢く戦えなかった。タックルにも厳しさが足りず、ドルトムントに押し込まれてしまった。最終的にBVBが勝利したのは当然の結果だ。

 

【関連記事】
3-2:敵地でグラットバッハに競り勝つ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

リーグ史上最高の得失点差

2017.9.24

リーグ史上最高の得失点差

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガの過去55年間で最高の得失点差で首位をキープ。第6節終了時点で“プラス18”という得失点差を記録したチームは、過去に存在しない。 続きを読む>>

「見事なチームパフォーマンス」

2017.9.24

「見事なチームパフォーマンス」

ゴールを決めた選手たちはサポーターから惜しみない拍手を送られた。ただそれらの「ゴールにつながるプレーに絡んだ選手たち」も指揮官から称賛を受けた。「本当に見事なチームパフ 続きを読む>>

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

2017.9.24

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハに6-1(前半3-0)と圧勝し、今季5勝目を挙げて首位をキープした。ピエール=エメリク・オーバメ 続きを読む>>