ニュース

2017.4.9

「今日はバイエルンと勝負にならなかった」

「今日はバイエルンと勝負にならなかった」

「試合への入り方は悪くなかった。開始10分までの内容も非常によかったが、どういうわけか最初の2本のシュートでバイエルンに0-2とされてしまった」。そう語ったボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、敵地でFCバイエルン・ミュンヘンに完敗を喫した事実、そして1-4というスコアを受け入れるしかなかった。

 

試合を振り返って:
あらゆる部分において、今日はバイエルンと勝負にならなかった。試合への入り方は悪くなかった。開始10分までの内容も非常によかったが、どういうわけか最初の2本のシュートでバイエルンに0-2とされてしまった。負傷者が続出しているチーム状況を考えても、それでさらに厳しい立場に追い込まれた上、逆転はほぼ不可能という試合になった。

 

決定機を逃したあとの2失点:
いいプレーを続け、1点差に詰め寄ったにもかかわらず、3点目を奪われて試合が終わってしまった。オーバメヤンにも決定的なチャンスはあったが、ゴール寸前でクリアされてしまった。ボールを追い回すことに多くの時間を費やす結果となり、いつものように逆襲のきっかけをつかめなかった。極めて苦々しい敗戦だ。

 

 

幸運に恵まれなかった点について:
すでに難しい状況でこの試合を迎えていたが、今日は運を味方にすることもできなかった。この大敗は妥当な結果だ。このレベルで戦うには、すべての選手が最高の状態でなければ厳しい。

 

ゴンサロ・カストロの交代:
内転筋に違和感があり、交代せざるを得なかった。

 

火曜日のモナコ戦に向けた戦力と故障者の状態について:
ユリアン・バイグルと香川真司の復帰に期待している。今日は休ませたウカシュ・ピシュチェクもプレーできるはずだ。その他の選手については、現時点で何とも言えない。

 

構成:ボリス・ルパート

 

トーマス・トゥヘル監督のインタビュー全容はBVBtotal!で視聴可能

 

【関連記事】
年長チームに軍配
「前半はバイエルンを倒せると思った」
ローデ:「バイエルンの3点目が本当に痛かった」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

2-2:終盤の追い上げでボーフムとドロー

2017.7.23

2-2:終盤の追い上げでボーフムとドロー

ゴンサロ・カストロとクリスティアン・プリシッチが85分と86分に得点し、ボルシア・ドルトムントはVfLボーフムに2点を先行されながらも2万4000人を集めたルールシュタディオ 続きを読む>>

ダフートとフィリップも練習始動

2017.7.22

ダフートとフィリップも練習始動

U-21ドイツ代表として、この夏のU-21 EUROで優勝したマフムート・“モー”・ダフートとマキシミリアン・フィリップが21日、ボルシア・ドルトムント加入後初めてチーム練習 続きを読む>>

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

2017.7.21

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

  ウカシュ・ピシュチェクがボルシア・ドルトムントにやって来て丸7年、気がつけばチーム内では年長者となり、当時のチームメートも数えるほどになった。しかし、その 続きを読む>>