ニュース

2020.3.12

「今日はすべてのミスが命取りに」

「今日はすべてのミスが命取りに」

無観客で行われたパリ・サンジェルマン戦後、ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督と守備の要マッツ・フンメルスがSkyのインタビューに応じた。

 

ルシアン・ファブレ監督:最初は非常にやりにくく、10~15分まで落ち着かなかった。それから内容が良くなり、プレスもかかるようになった。今日はラストパスとその一つ前のパスを中心に、パズルのラストピースが欠けている感じだった。相手のギャップを突けないうちに、不用意な形で2失点を喫してしまった。しかしこれもサッカーだ。今日はすべてのミスが命取りになった。

 

マッツ・フンメルス:今日のことは言葉にできない。両チームとも得点機の少ない試合だった。不運にもコーナーキックから先制点された。ゴールエリア内で胸の高さのボールをネイマールに頭で押し込まれるという、許されない形でゴールを奪われてしまった。2点目はとにかく運が悪かった。ボールのはね返る角度が少しでも違っていれば、あれは決まっていなかったかもしれない。とはいえ、僕らも相手のゴールを脅かすことができていなかった。ペナルティーエリアの周囲でボールを回すことが多く、しかも右サイドに偏りがちだった。チャンスは3、4回だったと思う。それはPSGも変わらなかったが、彼らはリードを奪い、それ以上は無理をする必要がなくなった。もちろん、僕らもそれほど悪かったとは思わない。無駄にボールを失うこともあったが、それ自体はいつでも起こり得ることだから。とにかく、最後のパスをうまくつなぐことができなかった。

 

採録:ティモ・ラマート

 

【関連記事】
0-2:リードを守れずチャンピオンズリーグ敗退
レビアダービーも無観客試合に

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

2020.4.5

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

アクラフ・ハキミのテクニックが炸裂!モロッコ代表ディフェンダーはボルシア・ドルトムントの代表としてバーチャル大会『ブンデスリーガ・ホーム・チャレンジ』の第2戦でホルシュタイン 続きを読む>>

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

2020.4.4

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

ボルシア・ドルトムントは新型コロナウイルスとの戦いをサポートすべく、ドイツ最大のサッカースタジアムを提供する決断を下した。ジグナル・イドゥナ・パルクの北スタンドは4日以降、B 続きを読む>>

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

2020.4.4

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

現時点でお知らせすべきスポーツ関連ニュースはあまりないが、3月31日に開かれたドイツサッカーリーグ(DFL)の通常総会により、ブンデスリーガの出場可能年齢が2020-21シー 続きを読む>>