ニュース

2018.2.3

「今の僕らに必要なのは、まさにこういう勝利」

「今の僕らに必要なのは、まさにこういう勝利」

ケルンとの試合終了直後、ユーロスポーツの短いインタビューに応じたのは2点を決めたミシー・バチュアイと決勝点を挙げたアンドレ・シュールレ、そしてペーター・シュテーガー監督だった。「勝ち点3が取れたことが、とにかく嬉しい」とバチュアイはコメント。「この勝利は僕らにとってものすごく大きい」とシュールレも続けた。3者のインタビュー内容を以下にまとめた。

 

 

ペーター・シュテーガー監督:とてつもなく重要な勝利だ。我々はシーズンの後半戦を最高の形ではスタートできなかった。勝ち点の上でもサッカーの内容の面でもね。だから今夜の結果が悪ければ、何を言われていたかわからない。幸い、そうはならず、欧州カップ戦の出場枠を狙える位置につけることができた。我々は何とか勝利をもぎ取った。心臓の弱い人向きの試合ではなかったが、この勝利は大きい。ミシー(バチュアイ)にとっては夢のようなデビューになったね。何週間も移籍交渉に悩まされてきたあとだから、余計にそう感じるだろう。

 

ミシー・バチュアイ:2ゴールを決められてものすごくハッピーだけど、今日何より大事だったのは、当然ながら勝つことだった。最初の試合だったから簡単にはいかなかったよ。でも勝ち点3を取れたことがとにかく嬉しい。すべての試合で勝利を目指して、できる限り順位を上げていきたいね。

 

「ウインターブレークから調子が上がってきている」

 

アンドレ・シュールレ:僕にはまだやるべきことがたくさんある。だから僕が(あのゴールに)値していたかどうかはわからないけど、今後に向けて励みになることは確かだ。ウインターブレークから調子が上がってきていて、もっともっと活躍していける状態になった。何より重要なのは、出場時間が増えていること。この勝利は僕らにとってものすごく大きい。今週はチーム内もだいぶ落ち着いてきて、話し合いもたくさんできた。今の僕らに必要なのは、まさにこういう勝利。ここから前に進んでいかないといけない。

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

【関連記事】
最高のデビューを飾ったバチュアイ
3-2:バチュアイの2ゴール1アシストで勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>