ニュース

2017.4.8

「上位に強いところを見せてきた」

「上位に強いところを見せてきた」

バイエルン・ミュンヘンとの上位対決を前に、ボルシア・ドルトムントには故障者の多発や過密スケジュールという不安材料がある。それでも、ブラック・アンド・イエローは土曜日にアリアンツ・アレーナで行われる対戦(日本時間9日午前1時30分キックオフ)で結果を出そうと意気込んでおり、トーマス・トゥヘル監督は「今シーズンは劣勢とみなされているときの成績がすこぶるいい。特に上位との対戦で強いところを見せてきた」と語っている。

 

BVBはミュンヘンでロイス、ゲッツェ、シュールレ、ドゥルム、ローデを欠くほか、香川、ピシュチェク、バイグル、バルトラも出場を不安視されている。それに加え、「UEFAチャンピオンズリーグの重要な段階」でのモナコとの初戦をわずか3日後に控えており、トゥヘル監督も不安を口にした。「回復時間という面では、バイエルンにわずかながらアドバンテージがある。彼らは水曜日まで戦わなくていいし、ホッフェンハイムで主力数名を休ませたばかりだ」

 

BVBは今季バイエルンにホームで1-0と競り勝っている

 

相手の布陣について、BVBの指揮官は「明日は水曜日と同じ先発メンバーで来るだろう」とみている。バイエルンはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦でレアル・マドリーをホームに迎える。「我々の状況は彼らより少しやっかいだ。土曜日にアウェーで戦い、火曜日もアウェー。しかも故障者が多い」。加えて、今回のブンデスリーガの対戦を複雑なものにするその他の要因について、トゥヘル監督はこう説明した。「2週間半後にも同じ対戦がある。両チームとも、(DFBポカール)準決勝の前に手の内を全部見せようとはしないだろう」

 

「バイエルンに打撃を与える方法を教える」

 

現在ブンデスリーガで指揮をとる監督のなかでバイエル・ミュンヘンを最も多く倒しているトゥヘル監督は、主力を欠きながらも意欲は十分なチームに対して「バイエルンに打撃を与える方法」を伝授する。また、チームミーティングではチャンスを生かす必要性も強調するつもりだと言う。「ただし、あまり厳しくなりすぎないようにする必要がある。全体の出来、そして誰が出られなくて誰が代役を務めるか、という文脈も考えるべきだ」

 

ミュンヘンで勝ち点を取ろうとするなら、決定力が求められる。今季のBVBは一定の試合で十分な決定力を示してきた。ブンデスリーガでの順位については、指揮官は次のようにコメントしている。「我々は自分たちの目標について責任を負っている。今後は毎試合が重要になってくる」。今回のミュンヘン遠征はタイミングが悪く、戦力も揃っていないが、勝ち点獲得という目標に変わりはない。「自分たちに何ができるかは理解している」とトゥヘル監督は語った。「今シーズンは劣勢とみなされているときの成績がすこぶるいい。特に上位との対戦で強いところを見せてきた。だからアリアンツ・アレーナには自信を持って乗り込める」

 

文:ボリス・ルパート
【関連記事】
シュメルツァー復帰も大勢が欠場の可能性

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

2点に絡んだゲッツェ、3戦連続得点のオーバ

2017.8.20

2点に絡んだゲッツェ、3戦連続得点のオーバ

VfLボルフスブルクとアウェーで戦ったブンデスリーガ第1節は、あらゆる点でボルシア・ドルトムントのほうが上回っていた。ゲームの3分の2を支配したほか、13本のシュートを記録( 続きを読む>>

ゲッツェ:「ほんの小さな最初の一歩」

2017.8.20

ゲッツェ:「ほんの小さな最初の一歩」

2017年1月29日以来、マリオ・ゲッツェが久々に公式戦でプレーした。VfLボルフスブルクとのブンデスリーガ今季初戦で、ゲッツェは実力を発揮。BVBの先制点をアシストしたほか 続きを読む>>

シャヒン:「ゲームプランを完璧に遂行」

2017.8.20

シャヒン:「ゲームプランを完璧に遂行」

VfLボルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦に 続きを読む>>