ニュース

2019.11.3

「ワインを1杯、それからインテル戦に集中」

「ワインを1杯、それからインテル戦に集中」

ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督は、62回目の誕生日の締めくくりを普段通りにオフィスで過ごしたに違いない。しかし2日のVfLボルフスブルク戦を分析し、6日のFCインテル・ミラノ戦(日本時間5時キックオフ)の対策を考えながらも、グラス1杯のワインで祝杯を挙げていたはずだ。

 

試合を総括:
厳しい試合だった。前半は苦しかったね。後半から内容が大幅に改善され、ライン間のプレーやボールタッチ、それに選手の動き方のスピードがかなり上がった。何度か無駄にしたが、多くの決定機もつくれていた。後半のボルフスブルクにほとんどチャンスを与えず、3-0というスコアで勝ったことにとても満足している。

 

マルコ・ロイスの状態:
私からはっきりしたことは何も言えない。現時点でわかっているのは、打撲を負い、プレーを続けられなくなったことだけだ。

 

誕生日の残り時間の過ごし方:
ワインを1杯、それからインテル戦に集中するよ。

 

 

ロマン・ビュルキ:
一昨日から練習を再開している。いいトレーニングができていたが、風邪で数日間休んだ影響か、練習後はとても疲れていたね。状態は昨日、今日と格段に上っている。後は完全に回復するまで待つだけだ。

 

チャンピオンズリーグのインテル戦を見据えて先発を5人入れ替えたのかという質問に対して:
それだけが理由ではない。このような形でローテーションすることは当初から考えていた。シャルケ戦の後、グラットバッハとの試合でも6人を入れ替えている。今日は5人だ。ローテーションしなければ週3試合を戦うことはできないし、3試合すべてに全力でプレーできる選手は多くない。ローテーションできることは強みだ。ここまで結果を残せているし、今後も選手を休ませながら戦っていく。中断期間まであと2試合、その後もクリスマスまでに8試合ある。ローテーションは必要だ。

 

トルガン・アザールの進化:
1ゴール1アシストの活躍にとても満足しているよ。すでに5アシストを記録していたが、彼はゆっくりと、だが確実に自身のポジションを見出しつつある。左右両サイドや“9.5番”、あるいはストライカーとしてもプレーできる万能型で、こういった選手は常に大きな戦力になる。

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
3試合連続のクリーンシート
「後半はプレースピードが上がった」
「最高の気分」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2019.11.14

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2001年から2006年までボルシア・ドルトムントに在籍し、2002年のブンデスリーガ制覇に貢献したヤン・コレル氏が11月に初来日を果たした。BVBのアンバサダーとして日本で 続きを読む>>

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

2019.11.13

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

ボルシア・ドルトムントのレジェンド、ヤン・コレル氏(46)が来日し、11月7日から11月9日まで日本で様々な活動を行った。   続きを読む>>

新しくてエキサイティングな冒険

2019.11.13

新しくてエキサイティングな冒険

マテウ・モレイは体格面で恵まれていないかもしれないが、類まれなサッカーの頭脳とセンスの持ち主だ。そして何よりも大切なことに、この世界で極めて高く評価される資質、つまり相手から 続きを読む>>