ニュース

2019.11.29

「ロイヒテ・アウフ」と「アイスボルッセン」が学校を支援

「ロイヒテ・アウフ」と「アイスボルッセン」が学校を支援

BVBの財団「ロイヒテ・アウフ」(ライトアップの意味)は、基本理念を支える4本の柱を中心に社会活動を行っている。ファンクラブプロジェクトの「ブラック&イエローファミリーズ」はBVBファンクラブによる慈善活動を支援する「関与」の柱に常に関わっている。

 

「ブラック&イエローファミリーズ」の活動の一環として、BVBファンクラブ「アイスボルッセン1996」のメンバーがロイヒテ・アウフに対して社会プロジェクトを提案。ロックリンガウゼンの学習補助を必要とする子供たちのための教育施設「ラファエル・スクール」を、運動場を作り直すことによって手助けしようというものだった。当時、高学年の児童には休憩時間中に座ってゆっくりする場所が無かった。

 

アイスボルッセンは全力で学校を支援する方針を決め、メンバーがベンチ購入補助を申し出た。設置のためには、雑草の除去、古い器具の解体、基礎工事が必要だった。彼らの積極的関与により、学校側は専門業者への依頼に資金を集中できた。

 

 

ロイヒテ・アウフはこのプロジェクトに喜んで貢献。関連費用として1300ユーロを寄付した。

 

「ロイヒテ・アウフ」についての詳細情報はこちら(ドイツ語のみ)

 

www.bvb.de/stiftung

 

www.facebook.com/leuchteauf

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2020.8.9

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2015年7月6日、ボルシア・ドルトムントが東京に降り立った。羽田空港では約1000人のファンがチームを熱烈に出迎え、選手たちもサインや写真撮影などのファンサービスに応じた。 続きを読む>>

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

2020.8.9

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

新戦力DFトーマス・ムニエは早くも練習でその高い集中力とエネルギッシュなチェイス、正確なタックルを見せている。ピッチ上の自らを働き者と形容す 続きを読む>>

トビアス・ラシュル:大舞台へ

2020.8.8

トビアス・ラシュル:大舞台へ

黒黄軍団の2019/20シーズン最初のゴールを決めた11か月後、トビアス・ラシュルは波乱に満ちたシーズン最後の交代選手としてピッチに立った。 続きを読む>>