ニュース

2018.6.18

「ユースのサッカーをアピール」

「ユースのサッカーをアピール」

「選手たちは自分たちの力を信じ続けていた。今日はユースのサッカーをアピールできたね」。ボルシア・ドルトムントU-17をドイツBジュニア選手権優勝に導いたセバスティアン・ゲッパート監督は、このように語った。ミュンヘンで栄冠を手にした直後の主なリアクションを以下に紹介する。

 

セバスティアン・ゲッパート監督(Sports1のインタビュー):このチームとこのクラブのすべてを誇りに思う。選手たちは自分たちの力を信じ続けていた。今日はユースのサッカーをアピールできたね。このチームの監督であることが誇らしい。今日は全員で派手に祝うつもりだよ。

 

ラムジ・フェルヤニ:今日は間違いなく、帰りの機内でもドルトムントに帰ってからも大騒ぎするつもりさ。長い夜を覚悟しないとね。

 

ラース・リッケン:とても感動している。本当に苦しい試合で、バイエルンは非常に強かった。この素晴らしい偉業は記憶に末永く刻まれることになるだろう。この長いシーズンを戦い終えた選手たちは、今日の勝利を祝う権利が十分にある。

 

文:ティモ・ラマート

 

 

【関連記事】
U-17、終盤に勝ち越し7度目の戴冠

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「できれば残りの6ポイントも取りたい」

2018.12.16

「できれば残りの6ポイントも取りたい」

続きを読む>>

ロイス:役割も体の切れも最高

2018.12.16

ロイス:役割も体の切れも最高

先制点を決めたマルコ・ロイスは今季ブンデスリーガでのゴール・アシスト合計数を第15節終了時点で18に伸ばしただけでなく、ベルダー・ブレーメンと戦ったBVBを勝利への軌道に乗せ 続きを読む>>

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

2018.12.16

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第15節でSVベルダー・ブレーメンにホームで、2-1(前半2-1)と競り勝ち、残り2試合の結果に関係なく首位で2019年を迎えることが確 続きを読む>>