ニュース

2019.5.5

「ブレーメンに付け入る隙を与えた」

「ブレーメンに付け入る隙を与えた」

2-2で引き分けたSVベルダー・ブレーメンとの試合を終え、ボルシア・ドルトムントのマヌエル・アカンジは「後半は前半のような連係が取れなくなった」とコメント。トーマス・ディレイニーも「このような形で取りこぼしたのは初めてではない」と苦言を呈した。

 

マヌエル・アカンジ:後半は前半のような連係が取れなくなった。タックルでも勝てない場面が増え、ブレーメンに付け入る隙を与えてしまった。ブレーメンが再び圧力を強めてくることもわかっていた。強い気持ちで対処しなければならなかったが、それがうまくできず、結果として2点を奪い返されてしまった。相手にペースを握られていたとしても、もっと組織的にうまく守り、プレッシャーをかけ続けなければいけない。あとは残り2試合に全力を尽くすしかなくなった。

 

トーマス・ディレイニー:このような形で取りこぼしたのは初めてではない。とにかく後半はもっとうまく戦わなければならなかった。何度となくチャンスをつくったにもかかわらず、それほど危なくもない場面から2つのゴールを奪われてしまった。これがサッカーの怖さだと思う。ブレーメンの強さはわかっていたし、後半は相手が良かったとも思う。でも僕らが45分間だけでなく、90分間集中しなければいけなかったことに変わりはない。(優勝の)可能性がゼロになったわけではないけど、これで非常に苦しくなった。

 

採録:ティモ・ラマート

 

【関連記事】
バイグル:「なんとも腹立たしい気分」
アルカセルがディッケルに並ぶ
ファブレ監督:「ロマンは何度もチームを救ってきた」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

2019.5.26

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

ボルシア・ドルトムントU-17がアルミニア・ビーレフェルトに6-1で圧勝し、今シーズンの目標に掲げていたリーグ優勝を成し遂げた。   続きを読む>>

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

2019.5.25

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

マルコ・ロイス、 続きを読む>>

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

2019.5.24

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

オープニングから10年、ボルシア・ドルトムントのクラブミュージアム“ボルッセウム”が全面改装されることになった。ただ施設が新しくなっても、「ファンによるファンのためのミュージ 続きを読む>>