ニュース

2016.10.26

「パーティーを台無しに」したいトゥヘル監督

「パーティーを台無しに」したいトゥヘル監督

約10選手が負傷離脱するなか、トーマス・トゥヘル監督はウニオン・ベルリンと対戦する水曜日のDFBポカール(日本時間27日午前3時45分キックオフ)で再びチームに変更を加えることになる。それでも、43歳の指揮官は故障者多発の危機を悪いパフォーマンス、あるいは敗退の言い訳にしようとは考えていない。

 

「ラインナップやフォーメーションがどうなろうと、どんなチームとも戦うことができるし、勝てると感じている」とトゥヘル監督は強気に語った。パフォーマンスについては、「ノウハウや経験の不足」によって状況が「いくぶん複雑に」なり、通常より低下する可能性もあると認めた。「試合中や試合間でパフォーマンスに波があることは承知している」

 

加えて、故障者多発の危機によって「休ませながら使えたはずの選手が、立て続けに試合に出なければならなくなっている」とトゥヘル監督は説明した。BVBは過密日程の最中にあり、先週火曜日はスポルティング、土曜日はインゴルシュタットと戦い、今週水曜日にはウニオンと対戦。土曜日はシャルケ、来週水曜日は再びスポルティングと顔を合わせる(ハードスケジュールは来週土曜日のハンブルク戦で一旦停止)。「その日その日の課題と向き合っている」。それでも、この日程に圧倒されるというよりも、絶えず臨機応変に戦い続けるという挑戦を、トゥヘル監督は追加のモチベーションとしてみているようだ。「集中コースみたいなもの。各自が自分の役割をこなしてくれているから楽しいよ。チーム精神が求められる。試合の流れを引き寄せ、勝利を収める力に、我々ははっきり自信を持っている。不平をこぼしている場合ではなく、この状況におしつぶされてはならない」

 

 

ドルトムントへやって来るウニオン・ベルリンは、現在ブンデスリーガ2部で2位につけている。「彼らは大きく成長した」とトゥヘル監督は相手を評価した。「コンスタントに勝ち点を獲得しており、戦術的に柔軟で、コンパクトに戦っているようだ。そしていいサッカーをし、闘志もある」。ウニオンはここ7試合で6勝を収めており、「クラブ史上最大のアウェーマッチ」には約1万人のサポーターが応援に乗り込む見込みだ。しかし、BVBに勝利を譲る気はない。「我々の狙いはパーティーを台無しにすること」だと、トゥヘル監督は語っている。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
トゥヘル監督、3選手の出場に疑問符
オーバメヤンが今年のバロンドール候補に

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

トプラクが太ももを負傷

2017.10.19

トプラクが太ももを負傷

CBエメル・トプラクが、17日夜にニコシアで行われた 続きを読む>>

「焦りが出てしまった」

2017.10.18

「焦りが出てしまった」

アポエルFCと引き分けた試合の終了後、Skyのインタビューに応じたペーター・ボス監督とマルセル・シュメルツァーの表情は明らかに沈んでいた。両者とも得点チャンスが少なかったこと 続きを読む>>

「決定的なチャンスをつくれなかった」

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった 続きを読む>>