ニュース

2016.10.14

「ハイテンポなプレーで粘り強く戦え」

「ハイテンポなプレーで粘り強く戦え」

金曜夜にヘルタBSCベルリンをホームに迎える一戦(日本時間15日3時30分キックオフ)では、連続無敗記録の更新と来場者数4000万人突破に期待がかかるボルシア・ドルトムント。しかし、BVBはクラブ史を塗り替えるこの試合を前に難題を抱えており、プレー可能な選手が18人揃うかどうかという状況に陥っている。

 

BVBは2015年4月4日以降、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで24試合無敗を継続中。2001年11月3日から2003年3月15日にかけて達成したクラブ記録に並んでおり、ヘルタに負けなければ新記録が生まれる。

 

しかしトゥヘル監督は、そういった記録や来場者数の話題、25や4000万といった数字に興味がない。バイヤー04レバークーゼンと死闘を演じた前節に加え、計15人がチームを離れた2週間のインターナショナルマッチウィークで数選手が負傷したBVBの指揮官にとって気になる数字は、11と18。つまり先発可能な選手は誰なのか、そして誰がベンチに入れる状態なのかという疑問だ。

 

現時点では10選手が負傷で戦列を離れており、U-23あるいはU-19チームから数選手を呼ぶ可能性もある。「プレー可能な選手が16人いるかどうかも微妙だ」と語ったトゥヘル監督は、いつも以上に“12人目の選手”の存在を強調。「サポーターの後押しに期待している」と付け加えた。

 

「ヘルタはコンパクトな陣形で組織的に立ち向かってくるはずだ」と続けたトゥヘル監督。「このチームを相手に、多くのチャンスをつくるのは至難の業になる。結果を残したければ、ハイテンポなプレーで粘り強く戦わなければならない」。さらにトゥヘル監督は、集中して守る必要があると指摘した。「我慢を強いられる試合では、カウンターでやられないようにしなければならない」。ただしヘルタは、カウンターだけを警戒すればいい相手ではない。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
今週金曜にも来場者数4000万人を突破
ヘルタ戦で目指すはホームでの新たな記録

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ボルシアMG戦の予想スタメン

2017.9.23

ボルシアMG戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは土曜夜のブンデスリーガ第6節でホームにVfLボルシア・メンヘングラットバッハを迎える(日本時間24日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバー 続きを読む>>

3日に1試合のペース続く

2017.9.22

3日に1試合のペース続く

ボルシア・ドルトムントは23日にブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハをホームに迎えるが、ペーター・ボス監督はまだチーム状況についてコメントしていない。「昨日 続きを読む>>

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>