ニュース

2019.5.17

「まだ終わっていない!」

「まだ終わっていない!」

18日にシーズン最終節(全試合が日本時間22時30分にキックオフ)を迎えるブンデスリーガは、いまだに予断を許さない展開となっている。6チームによるUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグの出場権争いにも注目が集まるが、それ以上に目を離せないのがボルシア・ドルトムントとFCバイエルン・ミュンヘンの優勝争いだろう。

 

複雑な状況

 

ホームにアイントラハト・フランクフルトを迎える首位バイエルンは、勝ち点で2ポイント、得失点差でもBVBを上回る首位に立っている。つまり、2位のBVBが逆転で栄冠をつかむには、敵地でVfLボルシア・メンヘングラットバッハを倒した上で、バイエルンが敗れることに期待するしかない。「この試合を勝つことに集中しなければいけない」と語ったのはルシアン・ファブレ監督。スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは「状況は複雑だ。4チームすべてがそれぞれの目標を達成するために戦うことになる」と付け加えた。

 

ファブレ監督はあらゆるシナリオを想定しているが、ボルシアMGの実力を警戒。「グラットバッハのクオリティーの高さは誰もがよくわかっている。カウンターアタックに注意が必要だが、勝たなければならないのは彼らも同じだ!」と続けた。とはいえ、ボルシアMGはBVBに対して苦手意識を持っているはずで、ここ7試合ではいずれもブラック&イエローが勝利。BVBは敵地ボルシア=パルクでも3連勝中となる。

 

ロイスが復帰、ビュルキも出場の見通し

 

状態に不安があるアブドゥ・ディアロについて、ファブレ監督は「今週はトレーニングしていない。金曜日の状態を見て判断する」とコメント。木曜日の練習を回避したGKロマン・ビュルキは問題ないようで、「ロマンはおそらく大丈夫だ」と語った。18日の最終節では、2試合の出場停止処分を終えたキャプテンのマルコ・ロイスも復帰する。

 

チーム全体の士気も高まっているようで、ツォルクは「誰もがこの試合を本当に楽しみにしている。最後まで優勝を争っていることにも少なからず誇りを感じている」と話した。現地時間18日午後、今シーズンの栄冠の行方がついに決まる。

 

【関連記事】
ボルシアMGとの相性は抜群
最終節の逆転優勝
グラットバッハでの記憶に残る勝利
「失うものは何もない」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アウクスブルク戦の予想スタメン

2019.8.16

アウクスブルク戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第1節でFCアウクスブルクを本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間22時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバ 続きを読む>>

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019.8.16

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019-20シーズンのブンデスリーガ開幕に先立ち、ボルシア・ドルトムントはドイツのオンラインバンク、コムディレクト銀行とバンキングパートナー契約を結んだ。長期に及ぶ両者の協 続きを読む>>

「簡単な相手などいない!」

2019.8.16

「簡単な相手などいない!」

ブンデスリーガがいよいよ開幕 ―― 新シーズン初戦を控えるボルシア・ドルトムントに朗報が届き、マテウ・モレイとラファエウ・ゲレイロを除くファーストチームの全選手がプレー可能な 続きを読む>>