ニュース

2017.9.14

「どれも不用意な失点だった」

「どれも不用意な失点だった」

ボルシア・ドルトムントはトッテナム・ホットスパーFCに1-3で敗れたものの、前半の内容では相手を上回っていた。第2ドイツテレビの解説者陣も同じ見解だ。しかしBVBのペーター・ボス監督は、「どれも不用意な失点だった」と指摘。クリスティアン・プリシッチは早くも気持ちを切り替え、「ホームでは絶対に彼らを倒さなければ」と語った。

 

ペーター・ボス監督:この結果に失望している。前半にはうまく戦えていたが、2つの局面で対応がルーズになってしまった。高い位置からプレスをかけ、最終ラインから組み立てるスタイルは両チームに共通している。そんなサッカーがしっかりできていたし、前から積極的にプレッシャーをかけていたが、もう少し組織的に守らなければいけなかった。先制点を許した場面では特にそうだ。どれも不用意な失点だった。

 

 

クリスティアン・プリシッチ:トッテナムは本当にいいチームだ。でも僕らにもチャンスはあったし、もう1点決めておかなければいけなかった。それに前半のうちにリードを奪っておくべきだったね。オフサイドの判定でゴールを取り消されたあとに失点し、一瞬にして試合の流れが変わってしまった。言うまでもなくトッテナムに勝ちたかった。これでホームゲームが余計に大事になった。ホームでは絶対に彼らを倒さなければ。

 

エメル・トプラク:前半はいいプレーができていたし、トッテナムにしっかり対応できていたと思う。でも後半はどちらも同じ、あるいはトッテナムに押し込まれるようになってしまった。審判の判定は試合にある程度の影響を及ぼす。ハリー・ケインはゴールを奪う前にヌリ・シャヒンを倒していたし、クリスティアン・プリシッチとピエール=エメリク・オーバメヤンの得点が認められなかった。それを言い訳にするつもりはないけどね。相手はトップクラスの実力を持つチームで、何度もチャンスをつくられるのはしかたがない。ただし1-3で敗れるような試合ではなかったと思う。

 

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督:前半はドルトムントにペースを握られたが、決定力で相手を上回った。後半からは自分たち本来のレベルでプレーし、しっかりと連係も取れていたね。とても満足できるゲームだった。

 

トッテナムのFWソン・フンミン:難しい試合だったね。ドルトムントにボールを支配されてしまった。今日は自分たちの力を示すことができたと思う。ウェンブリーではあまり結果を残せていなかったけど、今日はいろいろとうまくいった。この勝利は妥当な結果だ。

 

構成:クリスティーナ・ラインケ

 

 

【関連記事】
1-3:疑惑の判定でトッテナムに敗北
初戦を落としてもグループ突破の可能性あり

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>

750勝、3000ゴール、5試合無失点

2017.9.21

750勝、3000ゴール、5試合無失点

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで開幕からの4試合、少なくとも63%のボール支配率を記録してきたが、20日夜にフォルクスパルクシュタディオンで行われたハンブルク戦では5 続きを読む>>

U-23チームは初黒星で首位陥落

2017.9.21

U-23チームは初黒星で首位陥落

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは今シーズン初黒星を喫した。BVBはアレマニア・アーヘンとのホームゲームを0-2で落とし、レギオナルリーガ西部で首位陥落。ヤン・ジーベル 続きを読む>>