ニュース

2017.11.18

「いつかは必ず復調できる」

「いつかは必ず復調できる」

シュツットガルトでの試合を終え、BVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、前半の戦いにはポジティブな部分もあったとコメント。しかし後半は不満のたまる内容だったとして、「今の状況であのようなパフォーマンスをしてはならない」と話した。

 

 

アンドレ、シーズン初先発を果たしましたが、今は気分があまりよくないのでは?
こういう試合は本当に不満がたまるよ。いきなり相手にゴールを文字通り与えてしまったけど、前半は比較的いいパフォーマンスができたと思う。試合をコントロールしていいサッカーを見せ、ボールをよく動かして相手ゴールに迫っていた。だから1点しか奪えなかったのが残念だよ。後半は本当にイライラする内容だった。今の状況であのようなパフォーマンスをしてはならない。ミスが多すぎたし、次々とカウンター攻撃を食らってしまった。ほとんど自滅だよ。中盤を飛ばしてゴール前だけの攻防という感じだった。トップチームの1つであるボルシア・ドルトムントがあのような戦いをすることは許されない。あれではどんなチームでも僕らを倒せてしまう。

 

前半も後半も始まってすぐに失点しましたが、あのような瞬間はどんなことが頭をよぎりますか?
僕らから見れば、間違いなく最悪のタイミングだった。前半も後半も早い時間にゴールを奪われると本当につらいよ。僕らは全力を尽くし、何度か得点チャンスをつくった。僕自身も1回、入っていてもおかしくなかった決定機があった。懸命に戦ってはいたから、ものすごく歯がゆいよ。もっといい結果を残せたはずだ。ただ相手にチャンスを与えすぎたことも確かだけどね。

 

「ポジティブな部分も見られた」

 

PKについて聞かせてください。
責任を果たしたかったんだ。それでPKを蹴りたいと思ったんだけど、失敗してしまった。幸い、“ミリ”がいい位置にいてリバウンドを押し込んでくれた。僕としては助かったけど、やはり自分で仕留めたかったから悔しいよ。ただ、あれが結局ノーゴールになっていたらもっと悔しかっただろうから、彼が決めてくれて本当によかった。最終的にその1点が結果に影響しなかったことが残念だ。

 

今は苦しい状況が続いていますが、気持ちを切り替えるために必要なことは何でしょうか? 火曜日にはトッテナム戦、そのあとはダービーも控えていますが…
とにかくチームで団結することだね。お互いに励まし合い、集中力を切らさないことが重要だ。シュツットガルト戦でもすべてが悪かったわけじゃない。ポジティブな部分も見られたし、いい時間帯もあった。その点は評価すべきだ。いつかは必ず復調して勝利が重ねられるようになるはずだし、そうなればいろいろなことがやりやすくなるだろう。

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

アンドレ・シュールレのインタビューの全映像はBVBtotal!で視聴可能

 

【関連記事】
「前半は比較的良かった」
シュツットガルト戦の主なスタッツ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

2018.4.22

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

続きを読む>>

ロイスは8試合で5ゴール

2018.4.22

ロイスは8試合で5ゴール

ボルシア・ドルトムントはレバークーゼンに4-0と快勝し、ペーター・シュテーガー体制下での最多得点差勝利を収めた。シュート数でも17対9と圧倒していただけに、勝利も得点差も妥当 続きを読む>>

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

2018.4.22

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第31節で攻守に出色のパフォーマンスを披露し、3位の座を争うバイヤー04レバークーゼンとの直接対決に4-0(前半1-0)で圧勝。来シーズ 続きを読む>>