クラブ

功績
2012年5月

クラブ記録となる勝ち点81でブンデスリーガ連覇を果たしたのち、ドイツ・カップ決勝でもバイエルン・ミュンヘンに5-2と快勝し、103年に及ぶクラブ史上初の国内2冠を達成した。

2011年5月

2011年5月14日、ブンデスリーガのトロフィーがドルトムントに帰還。2位レバークーゼンに勝ち点7差をつけ、通算7度目のリーグ優勝を決めた。

2008年7月

ドイツ・カップ決勝では延長戦の末にバイエルン・ミュンヘンに1-2と屈したものの、数週間後の7月23日、ブンデスリーガ王者となったバイエルンと再び顔を合わせたTホーム・スーパーカップでは、2-1(前半2-0)と勝利してリベンジ。1989、1995、1996年に続く4度目のスーパーカップ制覇だった。

2003年5月18日

女子ハンドボールチームがチャレンジ・カップで優勝。

2002年5月

主将シュテファン・ロイターが銀色に輝くトロフィーをドルトムントの曇り空に掲げた。ブンデスリーガ最終日は、ドルトムント、レバークーゼン、バイエルン・ミュンヘンの熾烈な三つ巴となったが、最終的にクラブ史上6度目のリーグ優勝を果たしたのは、黒と黄色のユニフォームに身を包んだボルッセン(ドルトムントの選手たちの愛称)だった。

1997年

女子ハンドボールチームがDHB(ドイツ・ハンドボール協会)カップで優勝。

1997年5月

ミュンヘンのオリンピアシュタディオンでユベントスを3-1と下し、UEFAチャンピオンズリーグを制覇。同年12月には、東京で開催されたクラブチーム世界一を決めるトヨタカップで南米チャンピオン、クルゼイロECに2-0と勝利し、クラブ世界王者となった。

ユベントス戦の出場メンバー:

クロス、コーラー、ザマー、クレー、ロイター、ランバート、ソウザ、メラー(ツォルク 89分)、ハインリヒ、リードレ(ヘアリヒ 67分)、シャプイサ(リッケン 70分)

ドルトムントの得点者:

リードレ(2)、リッケン

クルゼイロ戦の出場メンバー:

クロス、ファイアージンガー、ロイター、セーザル、フロイント、ソウザ、ツォルク(キロフスキ 80分)、ハインリヒ、メラー、ヘアリヒ、シャプイサ(デハイフェル 75分)

ドルトムントの得点者:

ツォルク、ヘアリヒ

1996-97シーズン

マティアス・ザマーが欧州最優秀選手賞(バロンドール)を受賞した。

1996年

ドルトムントのマティアス・ザマーが主将を務めたドイツ代表が、欧州選手権決勝でチェコを破って優勝。ドルトムントからはほかにもアンドレアス・メラー、シュテフェン・フロイント、そしてユルゲン・コーラーが出場した。

1995&1996年

ドルトムントが2年連続でドイツ王者となった。1995年はスーパーカップでメンヘングラッドバッハに1-0と勝利。1年後の同大会ではカイザースラウテルンと延長戦まで戦って1-1と引き分け、最後はPK戦を5-4で制した。祝勝会はフリーデンスプラッツ(ドルトムント市内の広場)で行われた。

1993-1998年

1993、1996、1998年:U-17チームが国内リーグで優勝。

1994-1998年:U-19チームが国内リーグで優勝。

1992年

フレミング・ポブルセンが出場したデンマークが、欧州選手権の決勝でドイツに2-0と勝利し、見事優勝を果たした。

1991年

この年、就任したオットマール・ヒッツフェルト監督の下、ドルトムントはリーグ2位で終了。1993年にはUEFAカップで決勝まで進出したが、ユベントスに第1戦で1-3、第2戦で0-3と敗れ、優勝は逃した。

1989年

この年はカップ戦の年となった。ドイツ・カップ決勝では、ベルダー・ブレーメンを4-1と圧倒してクラブ史上2度目の優勝。スーパーカップでもバイエルン・ミュンヘンを3-2で制した。

ドイツ・カップ優勝メンバー:

デ・ベア、クロト、クトフスキ、ヘルマー、ブライツケ(ルシュ)、ツォルク、マクラウド、メラー、ルンメニゲ、ディッケル(シュトルク)、ミル

ドルトムントの得点者:

ディッケル(2)、ミル、ルシュ

1976年

ニュルンベルクに1-0、3-2と2勝し、ブンデスリーガに復帰。

1966年

ローター・エメリヒ、ジークフリート・ヘルト、ボルフガンク・パウル、ハンス・ティルコフスキがワールドカップ・イングランド大会に出場。エメリヒはスペイン戦で「世紀のゴール」と呼ばれるスーパーゴールを決めた。エメリヒ、ヘルト、ティルコフスキはイングランドとの決勝にも出場したが、2-4で敗れて準優勝に終わった。

1966年

スコットランドのグラスゴーでリバプールを2-1と下し、ドイツチームとして初めてUEFAカップウィナーズカップを制覇した。

ドルトムントの出場メンバー

ティルコフスキ、シリアックス、レッダー、クーラト、パウル、アザウアー、リブダ、シュミット、ヘルト、シュトルム、エメリヒ

ドルトムントの得点者

ヘルト、リブダ

1965年

ハンス・ティルコフスキが年間最優秀選手に選ばれた。

1965年

アレマニア・アーヘンを2-0で下し、DFB(ドイツ・サッカー協会)のカップ戦(ドイツ・カップ)で初優勝を果たした。

ドルトムントの出場メンバー

ティルコフスキ、シリアックス、レッダー、クーラト、パウル、シュトラシッツ、ボザープ、シュトゥルム、シュミット、コニーツカ、エメリヒ

ドルトムントの得点者

シュミット、エメリヒ

1963年

1FCケルンを3-1で退け、ブンデスリーガ創設前最後のドイツ王者となった。

ドルトムントの出場メンバー

ベッセル、ブルクスミュラー、ガイスラー、クーラト、パウル、ブラハト、ボザープ、シュミット、シュッツ、コニーツカ、シリアックス

ドルトムントの得点者

クーラト、ボザープ、シュミット

1961年

国内リーグの優勝決定戦でニュルンベルクに0-3と敗れ、準優勝に終わった。

1957年

ドルトムントが年間最優秀チームに選出された。

1956&1957年

この2年は全く同じメンバーで国内リーグ2連覇を達成(1956年はカールスルーエに4-2、1957年はハンブルガーに勝利)。翌1958年にはUEFAカップウィナーズカップに初出場を果たした。

リーグ2連覇メンバー

クビアトコフスキ、ブルクスミュラー、ザントマン、シュレプロフスキ、ミヒャレク、ブラハト、ペーテルス、プライスラー、ケルバッサ、ニーピークロ、カピトゥルスキ

カールスルーエ戦の得点者

ニーピークロ、ケルバッサ、ペーテルス、プライスラー

ハンブルガー戦の得点者

ニーピークロ(2)、ケルバッサ(2)

1954年

GKハインリヒ・クビアトコフスキがドルトムントの選手として初めてワールドカップに出場し、3-8と大敗したグループステージのハンガリー戦でゴールを守った。スイスで行われたこの大会は、最終的に西ドイツが優勝している。

1949年

猛暑のシュツットガルトで行われた国内リーグの優勝決定戦でVfRマンハイムに2-3と競り負け、準優勝に終わったが、多くの観客がチームを出迎えた。

ドルトムントの出場メンバー

ラウ、ルームホファー、ハルフェン、ブッデンベルク、コシュミーダー、シャンコ、エアトマン、ミヒャレク、カスペアスキ、プライスラー、イベル

ドルトムントの得点者

エアトマン(2)

1947年

ベストファーレンリーガ決勝でシャルケに3-2と競り勝ち、ついに宿敵シャルケを王座から引きずり下ろした。

伝説チームのメンバー

クロンスバイン、ルームホファー、ハルフェン、ミヒャレク、コシュミーダー、ヤノフスキ、ザントマン、プライスラー、レンツ、イベル、ポトゴルスキ

ドルトムントの得点者

ルームホファー、ミヒャレク、ザントマン

1943年

この年の11月、トップチームがローテ・エアデ・スタジアムでクナッペン(シャルケの選手たちの愛称。坑夫の意味)から初めて勝利を挙げた。ゴールを決めたのはアウグスト・レンツ。

1938年

ミヒャレク、コシュミーダー、ルームホファーらを擁したドルトムントのU-19チームが、シャルケを3-2で破り、ベストファーレン地方のチャンピオンとなった。

1936年

ベストファーレン州(ドイツ北西部の旧州)のトップリーグ、ガウリーガ・ベストファーレンに昇格。

1936年

アウグスト・レンツがこの年のベルリン・オリンピックに出場し(0-2で敗れたノルウェー戦)、ドルトムントの選手としてオリンピックでプレーした最初の選手となった。

1935年

アウグスト・レンツがドルトムントのドイツ代表第1号となり、その後、代表で通算14試合に出場した。

1926-27シーズン

このシーズンはトップリーグでプレーしたが、翌年、降格した。

歴代監督
監督 就任 退任
ユルゲン・クロップ 2008年7月1日
トーマス・ドル 2007年3月13日 2008年5月19日
ユルゲン・レーバー 2006年12月19日 2007年3月12日
ベルト・ファン・マルバイク 2004年7月1日 2006年12月18日
マティアス・ザマー 2000年7月1日 2004年6月30日
ウド・ラテック 2000年4月16日 2000年6月30日
ベルント・クラウス 2000年2月5日 2000年4月12日
ミヒャエル・スキッベ 1998年7月1日 2000年2月4日
ネビオ・スカラ 1997年7月1日 1998年6月30日
オットマール・ヒッツフェルト 1991年7月1日 1997年6月30日
ホルスト・ケッペル 1988年6月27日 1991年6月30日
ラインハルト・ザフティヒ 1986年4月20日 1988年6月26日
パル・チェルナイ 1985年7月1日 1986年4月20日
エーリッヒ・リベック 1984年10月28日 1985年6月30日
フリードヘルム・コニエツカ 1984年7月1日 1984年10月24日
ホルスト・フランツ 1983年11月16日 1984年6月30日
ホルスト・ディーター・ティッペンハウアー 1983年10月31日 1983年11月15日
ウリ・マズロー 1983年7月1日 1983年10月23日
ヘルムート・ビッテ 1983年4月6日 1983年6月30日
カールハインツ・フェルトカンプ 1982年7月1日 1983年4月5日
ブランコ・ゼベツ 1981年7月1日 1982年6月30日
ロルフ・ボック 1981年5月11日 1981年6月30日
ウド・ラテック 1979年7月1日 1981年5月10日
ウリ・マズロー 1979年4月30日 1979年6月30日
カール・ハインツ・リュール 1978年5月21日 1979年4月29日
オットー・レーハーゲル 1976年6月14日 1978年4月30日
ホルスト・ブーツ 1976年2月1日 1976年6月13日
オットー・クネフラー 1974年7月1日 1976年2月1日
ヤーノシュ・ベドル 1973年7月1日 1974年6月30日
ディーター・クラット 1973年3月2日 1973年6月30日
ヘルベルト・ブルデンスキ 1972年1月3日 1973年3月1日
マックス・ミヒャレク 1972年11月1日 1973年3月1日
デトレフ・ブリュッゲマン 1972年7月1日 1972年10月31日
ホルスト・ビッツラー 1970年7月1日 1971年12月21日
ヘルマン・リンデマン 1969年3月21日 1970年6月30日
ヘルムート・シュナイダー 1968年12月17日 1969年3月17日
オスバルト・プファウ 1968年4月18日 1968年12月16日
ハインツ・ムラッハ 1966年7月1日 1968年4月10日
ビリ・ムルトハウプ 1965年7月1日 1966年6月30日
ヘルマン・エッペンホフ 1963年7月1日 1965年6月30日

FAQ
BVBの歴代チームキャプテンは?

セバスティアン・ケール (2009-)

クリスティアン・ベルンス (2004-2008)

クリストフ・メッツェルダー (2003-2004)

シュテファン・ロイター (1997-2003)

ミヒャエル・ツォルク (1988-1997)

フランク・ミル (1987-1988)

ディルク・フープ (1985-1987)

ロルフ・ルスマン (1983-1985)

マンフレート・ブルクスミュラー (1979-1983)

ローター・フーバー (1977-1979)

クラース・アッカーマン (1974-1977)

ホッピー・クーラト (1971-1974)

ジークフリート・ヘルト (1968-1971)

ボルフガング・パウル (1965-1968)

アルフレート・シュミット (1963-1965)

ビリ・ブルクスミュラー (1962-1963)

ワールドカップ優勝を経験したBVBの歴代選手は?

BVBのGKだったハインリヒ・クビアトコフスキは1954年のワールドカップ・スイス大会にドイツ代表として参加し、ボルッセ(ボルシア・ドルトムントの選手)で初めてワールドカップ優勝を経験しました。

アンドレアス・メラーとフランク・ミルは、1990年のワールドカップでドイツ代表として世界王者に輝きました。同じくこの大会でドイツ代表のメンバーだったシュテファン・ロイターとユルゲン・コーラーは、のちにBVBに加わっています。

BVBの1試合最多得点記録を持つ選手は?

1982年11月6日のアルミニア・ビーレフェルト戦で、マンフレート・ブルクスミュラーは5ゴールを挙げてチームを11-1の大勝に導きました。ブルクスミュラーはそのほか、5試合で3ゴール、23試合で2ゴールを記録しています。

BVBのブンデスリーガ初ゴールを決めた選手は?

1963年8月24日に行われたSVベルダー・ブレーメンとのアウェー戦で、フリートヘルム・コニーツカが開始1分にBVBのブンデスリーガ初ゴールを記録しました。同じ試合で生まれたBVBの2点目を決めたのもコニーツカでした。しかし、チームはこの試合に2-3で敗れています。

代表キャップ数が最も多いBVBの歴代選手は?

1. ユルゲン・コーラー:105キャップ(代表デビュー:1986年9月24日のデンマーク戦、2-0で勝利)

2. アンドレアス・メラー:85キャップ(代表デビュー:1988年9月21日のソ連戦、1-0で勝利)

BVBのブンデスリーガ最多得点選手は?

BVBだけでなくブンデスリーガの全クラブの得点者リストを、「データ」のコーナーでご覧いただけます。

BVB史上初の代表選手は?

ボルッセで初めてドイツ代表に選ばれたのは、クラブのレジェンド、アウグスト・レンツです。1935年4月28日にブリュッセルで行われたベルギー戦(ドイツが6-1で勝利)で代表デビューを果たし、その試合で2ゴールを記録しました。最終的に代表で14試合9ゴールという通算成績を残しています。その功績をたたえ、シュトローベルアレーにあるクラブのオフィスは“アウグスト・レンツ・ハウス”と呼ばれています。

1997年のトヨタカップ優勝メンバーは?

1997年12月2日、BVBは東京で5万5000人の観衆を前に行われた一戦で南米王者クルゼイロ・ベロ・オリゾンテ・エスポルテ・クルーベを2-0(前半1-0)で破り、事実上のクラブ世界王者に輝きました。

BVボルシア09ドルトムント:

クロス  ファイアージンガー  ロイター、セザール  フロイント、ソウザ、ハインリヒ、メラー、ツォルク(キロフスキ 80分)- ヘアリヒ、シャプイサ(デハイフェル 75分)

得点者:

1:0 ツォルク(34分)、2:0 ヘアリヒ(85分)

1997年のチャンピオンズリーグ優勝メンバーは?

1997年5月28日、BVBはユベントス・トリノとのチャンピオンズリーグ決勝を3-1で制しました。

BVボルシア・ドルトムント:

クロス、ザマー、コーラー、クレー、ロイター、ランバート、ソウザ、ハインリヒ、メラー(ツォルク 89分)、リードレ(ヘアリヒ 67分)、シャプイサ(リッケン 70分)

リザーブ:デ・ベア(GK)、トレチョク

監督:ヒッツフェルト

ユベントス・トリノ:

ペルッツィ、ポリーニ(デル・ピエロ 46分)、フェラーラ、モンテーロ、ジュリアーノ、ディ・リービオ、デシャン、ユーゴビッチ、ジダン、ボクシッチ(タッキナルディ 88分)、ビエリ(アムルーゾ73分)

リザーブ:ランプッラ(GK)、ペッソット

監督:リッピ

得点者

1:0 リードレ(29分)、2:0 リードレ(34分)、2:1 デル・ピエロ(64分)、3:1 リッケン(71分)

1996年のスーパーカップ優勝メンバーは?

1996年8月3日、BVBは1FCカイザースラウテルンを破り、3度目のドイツ・スーパーカップ優勝を果たしました。

BVボルシア09ドルトムント:

クロス、ザマー(フォクト 91分)、コーラー(クトフスキ 59分)、ハインリヒ、ボルタース、ロイター、メラー、ツォルク、バイラント、リッケン(ブット 67分)、シャプイサ

得点者:

0:1 マーシャル(54分)、1:1 ボルタース(66分)

PK戦でシャプイサ、ブット、ツォルク、バイラントが成功し、BVB勝利

1995年のスーパーカップ優勝メンバーは?

BVBはボルシア・メンヘングラッドバッハを1-0で破り、2度目のドイツ・スーパーカップ優勝を果たしました。

BVボルシア09ドルトムント:

クロス、ロイター、コーラー(シュミット 72分)、セザール、クレー、ザマー、フロイント、ベルガー、ラインハルト(クルツ 89分)、メラー、リッケン(トレチョク 87分)

得点者:

1:0 セザール(71分)

1989年のスーパーカップ優勝メンバーは?

1989年7月25日、BVBはFCバイエルン・ミュンヘンを4-3で破り、ドイツ・スーパーカップ初優勝を果たしました。

BVボルシア09ドルトムント:

デ・ベア(マイヤー 76分)、クロート、ヘルマー、シュルツ、ブライツケ、ツォルク、メラー、マクラウド(クトフスキ 46分)、M.ルンメニゲ、ベグマン、ドリラー

得点者:

0:1 マキナリー(21分)、1:1 ブライツケ(40分)、1:2 グラハマー(42分)、2:2 ブライツケ(56分)、3:2 ベグマン(64分)、3:3 ミハイロビッチ(66分)、4:3 メラー(88分)

1989年のDFBカップ優勝メンバーは?

1989年6月24日、BVBはベルリンのオリンピック・スタジアムで行われたDFBカップ決勝でSVベルダー・ブレーメンと戦い、7万5500人の大観衆の前で4-1(前半1-1)の勝利を収めて2度目の大会優勝を果たしました。

BVボルシア09ドルトムント:

デ・ベア、クロート、クトフスキ、ヘルマー、マクラウド、ブライツケ(ルシュ 73分)、ツォルク、メラー、ルンメンゲ、ディッケル(シュトルク 76分)、ミル

得点者:

0:1リードレ(15分)、1:1 ディッケル(21分)、2:1 ミル(58分)、3:1 ディッケル(73分)、4:1 ルシュ(74分)

1965年のDFBカップ優勝メンバーは?

1965年5月22日、BVBはハノーファーで4万8000人の観客を前に行われた決勝でアレマニア・アーヘンと対戦し、2-0の勝利を収めてDFBカップ(ドイツ・カップ)初優勝を果たしました。

BVボルシア09ドルトムント:

ティルコフスキ、チリアクス、レッダー、クーラト、パウル、シュトラシッツ、ボザーブ、シュトルム、シュミット、コニーツカ、エメリヒ

得点者:

1:0 シュミット(11分)、2:0 エメリヒ(19分)

1966年のカップウィナーズカップ優勝メンバーは?

1966年5月5日、BVBはグラスゴーで4万1600人の観客を前に行われたカップウィナーズカップ決勝でFCリバプールと戦い、延長戦の末に2-1(前半0-0、後半1-1)で勝利して欧州タイトルを手にしました。

BVボルシア09ドルトムント:

チコフスキ、チリアクス、パウル、アザウアー、レッダー、D.クーラト、シュトルム、リブダ、A.シュミット、ヘルト、エメリヒ

得点者:

1:0 ヘルト(61分)、1:1 ハント(68分)、2:1 リブダ(106分)

BVBが収めた最多得点差勝利は?

1982年11月6日にホームで行われたアルミニア・ビーレフェルト戦で、11-1の勝利を収めています。

7-0の勝利は過去3度記録しています。1965-66シーズンのシャルケ04戦、1966-67シーズンのHSV戦、1986-87シーズンのブラウ・バイス・ベルリン戦です。

アウェーでの最多得点差勝利は、1994-95年に記録しています(1FCケルンに6-1で勝利)。

しかし、BVBが公式戦での最多得点差勝利を収めたのはBSVシュベンニンゲンと対戦した1978-79シーズンのDFBカップ1回戦で、スコアはなんと14-1でした!

欧州カップ戦での最多得点差勝利を記録したのは、1965-66シーズンのカップウィナーズカップでのこと。フロリアナ・ラ・バレッタ(マルタ)を8-0で退けています。

BVBが収めた過去最大の成功は?

BVBが過去に収めた成功や選手たちの偉業は、クラブ  功績にまとめてあります。

黒と黄のクラブカラーの由来は?

当初は青、白、赤がクラブカラーでした。“ブリタニア”、“レナニア”、“ドイチェ・フラゲ”という3つのスポーツクラブがBVBに加わり、第一次世界大戦前に現在のクラブカラーに変わりました。

サッカー以外でBVBがチームを持つ競技は?

ボルシア・ドルトムントには女子ハンドボールと男子卓球のチームもあります。

“ボルシア”の意味は?

“ボルシア”はプロイセン(かつてドイツで栄えた王国)のラテン語名称です。美術や文学で、この王国は“ボルシア”という名の女性としてよく描かれています。19世紀末から20世紀初めにかけては、ほかにも“ベストファリア”や“レナニア”、“ゲルマニア”など、地域の結束を示す名称を持つクラブが多数誕生しました。

BVBの創設は1909年の待降節聖日(12月19日)で、ヘッシュ(今は存在しない化学品メーカー)地区の移民の母国に対する支援を示す目的で名付けられたようです。

BVBの意味は?

BVBは“バルスピール・フェライン・ボルシア”(ボルシアの球技クラブ)の略です。正式名称は“BVボルシア09 e.V.ドルトムント”で、“09”はクラブの創設年である1909年を表しています。

多くのファンは“BVB”にそれ以上の意味を見いだし、“ボルッセン・フォム・ボルシクプラッツ”(ボルシクプラッツからやって来たボルシアの選手たち)の略だという説も出回っています。ボルシクプラッツとはドルトムント北部にある広場で、BVBはこの広場に面した“ツム・ビルトシュッツ”というレストランで1909年12月19日に創設されました。